スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰谷健次郎さん

Category : 本・映画
『こどもと関わる仕事がしたい』
そう考えていた中3の私に、当時の担任が貸してくれた一冊の本…

4-652-01016-8.jpg
『手と目と声と』
灰谷健次郎 著
理論社

20年以上前にもらった本はすっかり日に焼けて
茶色く変色しちゃったけど、
灰谷さんの作品を読むようになったきっかけは
この本だった。
どこまでもこどもを信じようとする灰谷さん、
大好きな作家さんでした。

11月23日 その灰谷健次郎さんが、亡くなられたそうです。
ご冥福を、心からお祈りします。

Comment

ちびが本お祈りしたいなぁ。

好きな作家さんの一人でした。
もう、新しい作品やお話を聞くことは出来ないんですね。
残念です、とっても…

■toposさんへ■
そっか…
もう灰谷さんの新作は、読めないんですよね。
もっともっと、たくさん読みたかった。
生の話しを、お聞きしたかったです。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

灰谷健次郎

灰谷健次郎灰谷健次郎(はいたにけんじろう、男性、1934年10月31日 - 2006年11月23日)は児童文学作家。兵庫県神戸市生まれ。大阪学芸大学(現・大阪教育大学)学芸学
プロフィール

chibi

Author:chibi
・ちょび♀
父の職場近くで放浪していたところを、先代犬を亡くして寂しくしていた父に捕獲される。2007年7月9日にお星さまに。

・もも♀
2003年7月駐車場で叫んでいたところを発見、うちの姫です。

・りんご♀
2008年7月9日、ちょびの命日に行き倒れ寸前のところを発見。ももが受け入れず、現在個室生活中です。

・chibi
しっぽたちの召使い&お世話係です。

里親募集中

お世話になっているサイト
link

最近の記事+コメント
カテゴリー
ブログ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。